メインメニュー
ガン検診 もの忘れドック
お問い合わせ・資料請求
close
メニュー
医療法人財団 康生会 武田病院画像診断センター

HOME > もの忘れドック > もの忘れドックとは

認知症チェック

もの忘れドック空き状況
08月
    1 2 3 4 5
    - - - - -
6 7 8 9 10 11 12
× - - - ×
13 14 15 16 17 18 19
×
20 21 22 23 24 25 26
×
27 28 29 30 31    
× × × ×    
09月
          1 2
          ×
3 4 5 6 7 8 9
×
10 11 12 13 14 15 16
×
17 18 19 20 21 22 23
× × ×
24 25 26 27 28 29 30
×
もの忘れドックご予約フォーム 資料請求・お問い合わせ

もの忘れドックとは

もの忘れドック(高次脳機能ドック)のご紹介

認知症患者の増加

近年、高齢化社会の進行とともにもの忘れ、認知症の方が次第に増えてきています。 このような中、もの忘れ、認知症にどう対処していけば良いかが、個人的にも家庭的にも、また、社会的にも大きな関心事となっています。

当院でこれまで行ってきた高次脳機能検査(記憶力、認知力)の結果からは、40代後半になると知的能力が加齢とともに低下していくことがわかっています。この知的能力の低下が、年齢以上に著しくなると認知症になるわけです。どの程度の割合で知的機能の低下が起こるかというと、当院で高次脳機能の検査を受けた一部の方を3年後に再検査したところ、3年後にはその1割で記憶力、認知力の双方が低下しており、更にその後数年以内に、その中の3割弱の方が認知症と診断されています。

→認知症とは

認知症は早期発見により進行を遅らせることが可能です

一方、最近では、これらのもの忘れ、認知症をできるだけ早く見つけ出し、必要な対策や治療を行えば、認知症の進行を遅らせるあるいは、ある程度改善させることができるということがわかってきました。

もの忘れドックで、正常または年齢に伴う通常のもの忘れと診断されたら安心していただいていいわけです。一方、異常(知的機能の低下)と判断されたからといってあわてることはなく、必要な対処、手立てをすばやく取ればよいわけです。 なお、もの忘れ、認知症の診断は、その方の人生を左右するだけに、医学的にかつ科学的にしっかりと検証された検査法に基づくものでなければなりません。

当ドックでの検査

当ドックでは、そのためにまずMRIを用い、通常の脳ドック検査にて、脳に器質的な異常(出血や梗塞など)がないかどうかチェックする一方、記憶の重要な場所である海馬(認知症ではこの海馬が萎縮してきます)の萎縮度を測定します。次に、医学的に確立された方法である記憶力テスト(WMS-R:ウェクスラー記憶力テスト)と認知力テスト(コース立方体組み合わせテスト)を用い、記憶力・認知力に低下があるかどうか調べます。

→検査の説明

当ドックでは以上の検査によって、もの忘れが年齢にともなう通常のもの忘れなのか、それとも対処・治療を必要とする認知症あるいはその前段階なのかを総合的に判断します。 また詳細コースのPET検査では、脳の代謝や働きを調べ、もの忘れ・認知症に特有な部位での代謝の低下がないかどうかを調べ認知症の診断をより確実なものにします。

→検査コースのご案内

受診はお気軽にお越しください

検査を受けること、また結果を知ることは誰もが恐怖感を覚えるものですが、1度検査を受けるとその結果が今後、あなたの認知症を見つける上での指針となります。 検査結果で異常がなければ、3年に1度の割合で「もの忘れドック(高次脳機能ドック)」を受ければ、認知症を早期発見することができます。 1度、この機会にお気軽に「もの忘れドック(高次脳機能ドック)」を受けられてはいかがでしょうか?

医療法人財団 康生会武田病院
神経脳血管センター 副院長
八木 秀雄

アクセス お問い合わせ

フリーコール 007-77-5588
WEBでのお問い合わせ

アクセス アクセス

マップ
マップ

〒600-8558
京都市下京区塩小路通西洞院東入東塩小路町841-5

開院時間 開院時間

8:30~17:00 月曜土曜
※祝日・年末年始を除く